痩せすぎで目にクマが!根本から解決する方法とは?

鏡を見るたびに気になる目の下のクマ。憂うつになりますよね。

クマがあるとより一層ガリガリ感が強調され、不健康そうにみえてしまいます。とはいえ、クマをごまかすのは至難の業です。

そこで今回は、クマの原因とその根本的な対策について調べてみました。おすすめのアイクリームもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

痩せすぎで引き起こすクマには種類があった!

「クマ」には「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」がありますが、それぞれ原因が異なります。痩せすぎの人はどのクマも生じる可能性があるので、しっかり原因を理解して対策する必要があります。

皮膚痩せが原因の「黒クマ」

痩せている人は目の周りの脂肪や筋肉が少なく、皮膚自体も痩せていることがあります。また、皮脂が少なく乾燥気味で、しわができてしまうこともあります。これが原因で生じるのが「黒クマ」です。

黒クマを解消するには、

  • 食生活やライフスタイルを見直して体の中からコラーゲンなどのふっくら成分を補充する
  • 眼球を動かすエクササイズで筋肉を鍛える
  • 目元の乾燥を防いでシワやたるみをケアする

といった方法が効果的です。

血行不良が原因の「青クマ」

痩せて筋肉量が少ないと、血行も滞りがちです。そして血行不良で生じるのは「青クマ」です。パソコンやスマホなど、目を酷使する人に生じやすいという特徴もあります。また、貧血がある場合にも青クマがあらわれることがあります。

青クマの解消には血流改善が欠かせません。そのため、

  • パソコンやスマホを使うときは定期的に目を休め、目の運動をする
  • 蒸しタオルやホットアイパックで目の周りを温めて血行を良くする
  • 食生活を見直して貧血を改善する

といったことが大切です。

色素沈着が原因の「茶クマ」

「茶クマ」の主な原因は色素沈着、つまりシミです。シミは紫外線などによって生じますが、肌のターンオーバーが乱れているとなかなか治りません。そして痩せすぎで食事の量が少ないと、栄養不足のために肌のターンオーバーが乱れることがあります。また、ホルモンバランスの乱れも悪影響を与えます。

茶クマを解消するためには、

  • 紫外線対策をする
  • メラニン(シミの原因物質)を抑えるビタミンCを含む食品をとる
  • 美白効果のあるコスメを使う

ことがおすすめです。

なお、コスメを使う際や洗顔のときに目の周りを強くこすってしまうと色素沈着が進み、茶クマがひどくなってしまうことがあります。気をつけましょう。

クマを根本的に治したい人におすすめ「アイキララ」

では、さまざまなクマを根本的に治すにはどうしたら良いのでしょうか?

おすすめなのはアイキララ」というクマに特化したアイクリームです。

「アイキララ」には目元ケアのための成分が配合されており、黒クマの原因である皮膚痩せ・青クマの原因である血行不良・茶クマの原因である色素沈着のいずれにも対応しています。

含まれる成分 特徴など
MGA
(ビタミンC誘導体)
コラーゲン生成を促進
美白作用
ハロキシル コラーゲン生成をサポート
青クマの原因色素やその分解物を除去
クマ部分の血流を促進
Kコンプレックス ビタミンK含有原料
血行促進効果
肌をうるおして柔らかさをキープ

さらに、ビタミンや保湿効果の高い成分を含む植物オイルも数種類配合されているので、高い効果が期待できます。

ただし、どのコスメでもそうですが、塗って数日で効果があらわれるものではありません。肌のターンオーバーなども考慮して、1ヶ月~数ヶ月使い続けることをおすすめします。

アイキララ」は目元に特化したクリームなので、少量で2,980円という手ごろな価格です。

しかも、使ってみて満足できなかったら全額返金できる保証もあるので、一度試してみてください。

クマは隠さずに治して解決しましょう!

クマは、目のまわりが痩せたり、血行不良や色素沈着が原因で生じることがあります。痩せ過ぎているとクマが生じやすくなり、見た目で損をすることもあります。

しかし、クマは治すことができます。時間は少しかかりますが、ていねいにケアすることで徐々に解消できます。

クマを治せばげっそり感がやわらいで顔の印象も明るくなるので、ガリガリ感も少なくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です