白米をしっかり食べて痩せすぎを克服|太る方法の口コミ

きらきら坊主さんオススメの太り方

白米をしっかり食べる

性別/年齢 女性/34歳
身長 166cm
体重の変化 48kgから55kgに

男性からモテない

物心ついたときから痩せすぎ体型でした。
10代の中ごろには身長も標準以上にまで伸び、「バレエやったら?」「モデルになったら?」などとよく言われました。
痩せすぎ体型での一番の悩みは、男性からモテないことでした。
鼻で笑われる悩みかもしれませんが、10代20代の女性にとってはとても大きな悩み事です。

バストにもヒップにも肉がつかず、あばらの浮いたまったく色気のない体が自分でも大嫌いでした。
意中の男性に「俺はぽっちゃりしてるほうが好き。〇〇ちゃんは痩せすぎ」と言われ、深く傷ついたこともありました。

食べても太らない体質。実家の食事にも原因が

肉を食べてもお菓子を食べても太らない体質で、完全なる遺伝のようでした。兄弟も同じような体型です。
自炊生活をして自分で献立を立てている今、よくよく思い出してみると実家での食事にも原因はあったように思います。
実家はご飯がおかず中心で、より多くの食材を食べてほしいという母親の思いから、腹の膨れる汁物はなし、白米はおかずを食べ終わって余力があれば食べる、という生活でした。

ダイエットと逆で、白米をしっかり食べるようにした

世間で言われるダイエットと逆のことをしました。
「白米抜きダイエット」の逆で、夜ご飯の時も白米をしっかりと食べるようにしたのです。

実家での食生活の名残から、一人暮らしを始めた大学生以降もやはりおかずを先に食べて、白米はあとからお茶碗半分くらいという食事を長く続けていました。
これが気が付かないうちに白米抜きダイエットにつながってしまっていた可能性があると思ったのです。

ご飯(特に夕飯)を食べるときは、初めからお茶碗にご飯を盛り、おかずと同時進行で食べていくようにしました。
塩辛いおかずがあると白米はどんどんと進みます。
お茶碗2杯はいただくようにしました。
夕飯は腹八分目が良いと言いますが、お腹いっぱい食べていました。

白米をしっかり食べ続けたら体重が増えていった

そんな暮らしを続けていると、少しずつ体重が増えていきました。
白米をしっかり食べる以外にも体重が増える原因はいくつか思い当たります。
加齢による代謝の低下や、社会人になって慢性的に運動不足になったことなどです。

しかし、体重を増やすのに特に効果があったのは、やはり白米をしっかり食べることだと思います。
最近は二の腕や太ももも少しずつ太くなり、女性らしい体に近づけているような気がしてうれしいです。
痩せすぎ体型は若い頃は「守ってあげたい」とか「華奢でかわいい」となりますが、30を超えてからは「貧相」とか「幸薄」に見えてしまうから、怖いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です