ランニングで食べれるようになった|太る方法の口コミ

tnknさんオススメの太り方

ランニング後にたくさん食べる

性別/年齢 男性/36歳
身長 169cm
体重の変化 54kgから62kgに

ガリガリで筋力がなく、全く自信が持てなかった

痩せすぎの頃は、まず見た目がカッコ悪く見えます。
筋肉がないせいで姿勢も悪くなるため、うつむきがちになり覇気がないように見えてしまい、性格もなんとなく暗い感じを与えていたと思います。169cmで54kgでした。

姿見で自分を見る度に、ペラペラでガッカリしていました。
洋服のサイズはお店にある一番小さなサイズを選ぶことが多かったのですが、それでも大きくて着られないことがあり、わざわざオンラインショップでそれよりも小さなサイズを注文することもありました。
身長も大きい方ではないので、自分に全く自信が持てませんでした。

健康面では問題なかったのですが、家族や友人に「ちゃんと食べてる?」などと心配されることも多々ありました。
また、何よりも筋力がないのが問題で、重い物を持つとすぐ疲れたり、階段を登っても息切れしたり、日常生活で苦労することがありました。
痩せていても筋肉で締まっていればいいのですが、ただのガリガリという状態でした。

元々太りにくく、食に執着もない

もともと太りにくい体質で、かつそこまで食に執着することがありませんでした。
一人暮らしになってからは、食事の用意が面倒で、一日一食でも問題ありませんでした。
よって体質+アンダーカロリーで痩せるべくして痩せていたということになります。

運動して食べる、本来あるべきサイクルに

運動することと、食欲がなくても無理やり食べることです。
圧倒的な筋力不足だったため、まずは筋トレ(自重トレ)を開始しました。
腹筋、背筋、腕立て、スクワットなど、自宅でできる定番の種目だけです。

ただ、痩せていても皮下脂肪がプニプニしていたため、脂肪燃焼のためウォーキングやランニングなどの有酸素運動も開始しました。
当初は疲れてあまり食欲がわきませんでしたが、無理やりにでも食べることで、少しずつ食べられるようになり、恐らく人並み以上には食べられるようになったと思います。

運動する、お腹が減る、たくさん食べるという本来のあるべきサイクルになったと言えます。
このような形で、徐々にですが体脂肪を減らし、筋肉を増やし、体重を増やすことに成功しました。

特に効果があったのはランニング

特に効果があったのはランニングです。
ランニングすれば痩せますが、それは同時に食事制限を実施した時の話です。
普通、ランニングすればカロリー消費しますが、その分お腹も空きます。

そしてお腹が空いた時にちゃんとしたものをちゃんとした量だけ食べることで、健康的な体型になるように体がコントロールしてくれるのだと思います。
運動する前に気持ち悪くてたくさん食べられなかったのが、胃腸も強化されてか、人並み以上に食べられるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です