お餅の効果は絶大だった|太る方法の口コミ

のっちさんオススメの太り方

ご飯とお餅を食べてタンパク質も摂取

性別/年齢 男性/21歳
身長 171cm
体重の変化 51kgから70kgに

ごぼうと言われるのが嫌で夏でも長袖長ズボン

私は小学生の頃から痩せていて、腕と脚は特に細かったです。
その頃から親や周りの人から「ごぼうみたいだ」と言われたりしていました。
ごぼうと言われる事が嫌だった私は、夏でも出来るだけ長ズボンや長袖のTシャツを着ていました。

中学生になっても体型は相変わらず細いままでした。
私は野球をしていたのですが、痩せすぎていることもあり打球が全然飛ばず、ベンチを温める日々が続いていました。
高校一年生の時には女子から「ガリガリは嫌い」と言われ、やるせない悲しみがこみ上げてきました。

中学時代は多忙だったが、ご飯を全然食べなかった

私は中学生の頃に、平日は学校の部活動で陸上、土日はクラブチームの野球をしており、さらには学習塾にも行っており、多忙な日々を送っていました。
またご飯を全然食べなかった為、脂肪は増えることはなく、むしろ筋肉量まで減っているという状態でした。

目標は71kg! ご飯を増やしタンパク質も摂取

私は高校に入学して野球部に所属しました。入部した瞬間に同級生、先輩の体と自分の体の大きさが一回り違う事に気付きました。
さらに、入部したての頃に体重を測らされました。
そこで52kgという計測結果だった為、もっとご飯を食べて体重を増やすように言われました。その一言で太るために努力していこうと思いました。
目標体重は身長-体重=100だったので、71kgを目標に頑張ろうと決意しました。

まず、昼と夜の白飯の量を普段の300gから1000gに変更しました。
理由は簡単で、米は炭水化物の為体重増加に直結しやすく、タンパク質も25gほど摂取できるからです。
また、間食としておにぎりやお餅などもたくさん食べていました。

タンパク質も筋肉をつけながら太っていくためには必要不可欠な栄養素であるためお肉や魚なども積極的に食べていました。
そして極め付けのプロテインです。
これを3年間続けました。

あとは体重計に毎日乗り、昨日の自分と比較する事です。
結果的に70kgまで増やすことができました。

3年間ご飯とお餅を食べ続けた

特に効果があったと感じたのは、ご飯をたくさん食べた事と3年間通してお餅を食べ続けた事です。
特にお餅は絶大な効果を得る事ができます。正月にお餅をたくさん食べたら太るという話をよく耳にしますがそれは本当です。

また、筋トレをした後30分以内にプロテインを飲む事です。
これをする事で質の良い筋肉を作りながら体を太らせることができます。
プロテインは筋トレをしたあとはもちろん、寝ている間にタンパク質が不足になるので寝る前にも飲むと有効的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です